服についた茶色いシミの原因とは?

洗濯に関するまとめ

衣替えをしようと服を出したら、

以前はついていなかったハズの茶色いシミにガッカリした経験はありませんか?

お気に入りの服であればなおのこと。できれば、防ぎたいですよね。

今回は、服に茶色いシミができる原因をお教えします。

服にできる茶色いシミの原因とは?

茶色いシミの原因ですが、カビやサビのほか、
汚れが時間の経過と共に茶色に変色すること
などが考えられます。

汚れが時間の経過で変色するケース

最初に、汚れが茶色に変色するケースについてお伝えします。

衣類が綺麗に見えても、実は色々な汚れが残っていることがあるんです。

最初は見えなかった汚れが時間の経過とともに空気中の酸素と反応して酸化し、
茶色いシミになって出てくることがあります。

カビが原因でシミになるケース

保管中にシミになるケースですが、

これはカビが原因。カビが発生する原因は衣類に残った汚れです。

カビは、汚れがついた箇所のたんぱく質や水分などを栄養源として生えます。

一度着た衣類は、しっかりと洗ってよく乾かしてからしまうことが大事。

除湿剤、防カビ剤を入れるとさらに効果的です。クローゼットの換気にも気をつけましょう。

参考:宅配クリーニング「リナビス」のブログ:しまっておいた服からシミが浮き出て来た時の対策!

サビが原因でシミになるケース

洗濯などのタイミングで衣類にサビがついてシミになるケースもお伝えします。

「いつの間に?」と疑問に思うかもしれませんが、

例えば、衣類に付属する金属製のファスナーのサビがつくなどさまざまな状況が考えられます。

漂白剤入りの洗剤など使用すると金属と反応を起こし、いち早く酸化・腐食するんですね。

水が関係しており、雨が降っている時などに自転車のサビが付くことも。

参考:クリーニング屋シミ抜き修復師:お家のお洗濯では中々取れない茶色のシミの正体とは!

まとめ

浮き出たシミは温水(40℃前後)で洗濯すると取れるかもしれません。

洗っても取れない(サビなど)場合クリーニングに出すことも検討しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました