枕や枕カバーを洗濯する頻度は?洗い方やクリーニングのコツも

洗濯に関するまとめ

枕や枕カバー定期的に洗濯していますか?

枕は丸洗いして乾かすのが大変だったり、カバーの取り外しが面倒だったりと、ついつい後回しにしがちですよね。

けど、洗わないと不潔な感じも。

今回の記事では、枕や枕カバーを洗濯したほうがいい理由や、
洗い方、そしてクリーニングに出すケースについてまとめました。

枕や枕カバーを洗濯した方が良い理由

毎日、髪と顔に触れている枕や枕カバー。

当然、汗や皮脂などが蓄積していきます。匂いや黄ばみが出てくる可能性も。

毎日使うものから匂ってくると、寝心地が悪くなりますよね。放っておくとダニや雑菌が増えて、頭皮や肌トラブルを起こす可能性も。

定期的に洗って、汚れを落とすようにしましょう。

枕は洗い方は?どのくらいの頻度で洗濯する?

枕カバーは定期的に洗濯していても、枕を洗ったことがない人は多いのではないでしょうか?

例えカバーをしていても汗が染み込んで汚れが貯まるので、年に2回は洗ったほうが良いです。

ただ枕の中身(素材)は種類が多く、洗える枕と洗えない枕があります。

洗濯表示をしっかり確認することが大事。

・ポリエステル
・コルマビーズ
・パイプストロー

は基本的には自宅で洗濯してOK。

・ビーズ
・そばがら
・テンピュール
・羽毛
・低反発ウレタンフォーム

はNGです。

洗濯機での洗い方

まず枕カバーを外して洗濯ネットに入れます。

洗剤は枕に直接かけると内部に浸透し洗剤残りにつながるので、すみに入れましょう。

手洗いコースやドライコース、ソフトコースなどの水流が穏やかで優しく洗えるコースを選択し

洗い終わったら取り出して、端を持って振るなどしながら中身の偏りをなおします。

そのあとは洗濯表示を確認。天日干し表示のものは天日干し、陰干し表示のものは陰干しをします。

洗濯バサミで吊るすと中身が偏りやすいので、平らに置いて乾かしましょう。

基本的には、1日以上乾燥させたいですね。表面が乾いていても、中まで乾くのにはかなり時間がかかります。

水分が残っていると、カビの原因になりますからね。

枕カバーを洗う頻度は?オススメの洗い方も

一般的には、枕カバーは週1回以上洗濯するのが良い

と言われています。

回数が多いほうが清潔に保てますから、できれば週に2回以上は洗いたいですね。

最初は少し面倒ですが、日課にすると慣れてきますよ。

洗濯した後は肌触り良くいい香りがするので、毎日ホテルで寝ているような気分を味わえます。

基本的には枕カバーは洗濯機で洗えますが、洗濯表示を確認してから洗うとより安心です。

ほかの衣類と同じく、洗濯機におまかせするだけなのでそれほど手間はかかりません。

ただし、柔軟剤には注意が必要です。柔軟剤は商品によっては枕カバーの吸水性(汗の吸収)が悪くなって、寝心地に悪影響を及ぼす可能性があります。

デリケートな作りの場合、裏返して洗濯ネットに入れて生地が痛みにくいように洗いましょう。

しっかり汚れを落としたいならつけおき洗いがオススメ。

汚れを落としたいなら、洗剤を溶かした水に洋服をつけて洗濯する「つけおき洗い」もおすすめです。

通常の洗濯よりも洗浄力が強く、普通に洗うだけでは取りにくい汚れを落とせる可能性が高くなります。

衣類が入るほどの容器に40℃程度のぬるま湯と洗剤を入れて、枕カバーをつけおきます。

1時間ほどすると汚れが十分に落ちると思いますが、様子をみて更に長い時間つけておいても良いです。

その後は、通常の洗濯をすればOK。

枕や枕カバーを清潔に保とう

今回の記事では枕や枕カバーの洗い方、注意点などを紹介しました。

毎日使うものなので、少しずつ汚れが溜まってしまいます。

どうしても落ちない汚れが付着していたら、買い替えるかクリーニングの利用も検討しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました