【驚愕】スリッパって洗濯できるの?おすすめの洗濯頻度や2種類の洗い方も

洗濯に関するまとめ

皆さんは、スリッパを洗濯したことってありますか?

「毎日履いていると汗や臭いがうつる感じがするし、裏も黒くなってきている。」「でも洗ったことはない。」

そのような人は多いのではないでしょうか。

スリッパは、正しい手順で洗いさえすれば快適さを保てます。

今回の記事では、洗濯できるスリッパの確認方法や、
洗い方、頻度についてお伝えしますね。

季節によってスリッパの素材も選びたいもの。

近年は、いろいろな素材で作られたスリッパが楽しめるようになったね。

コットン・リネン・ジュート麻・帆布・デニム素材など、種類によってお洗濯の方法が異なるので
洗濯絵表示を確認しながらやり方を見ていきましょう。

洗濯できるスリッパって?

実は、ほとんどのスリッパは洗濯できるんです。

「洗って大丈夫なの?」「形がくずれないかしら。」

などと不安に思うかもしれませんが、毎日使う履物は必ず汚れます。

ですから、使う人の気持ちを考えて洗えるようにつくられているのです。

ただし、一部洗濯できないスリッパも。

水に弱い素材で作られていたり形が崩れやすいものだと、
洗濯でボロボロになって使えなくなるので、注意しましょう。

自分のスリッパが洗濯できるかどうかは、洗濯表示を確認すればわかります。

まずは、スリッパについているタグを見て判断してください。

ちなみに「手洗いのみ可」というケースもあります。手のマークが目印です。

「手洗いのみ可」のスリッパは、洗濯機で洗うと型崩れを起こす可能性が高いので、

手洗いするようにしましょう。

繊細な素材は洗濯機ではなく、手洗いで行いましょう。

洗濯不可の場合、固くしぼった布で裏側などの汚れを拭き取るのもよいでしょう。

また、内側は汚れが落ちにくいので普段からインソールを使うのも一つです。

普段は気にしない表示も、

意味が分かると楽しんでお手入れできるね。

スリッパの2種類の洗い方まとめ

気になるスリッパの洗い方ですが

洗濯機で洗う方法と手で洗う方法があります。それぞれ手順を説明していきますね。

洗濯機で洗う方法

手順1.スリッパの細かいゴミを落とす

普段の生活でスリッパを履き続けると、砂や小さな石が入ったりゴミがたまります。

ですので、お洗濯する前にガムテープなどでゴミをとりましょう。

特にスリッパの裏面と内部にたまりやすいので、

床の接地面と、内部の隙間をガムテープでペタペタしてあげると良いですね。

細かいゴミや砂を取るには掃除機を使うのも一つです。

手順2.スリッパをネットに入れる

型崩れを防ぐためにもネットは必須です。

そのまま洗うとボロボロになってしまう可能性があるので、必ずに入れましょう。

ただ、大きすぎるものは中で動きすぎてダメージの原因にもなるためNGです。

スリッパのサイズに合ったネットを選びましょう。

手順3.洗濯機の「手洗いコース」で洗う

洗濯機にかける際、普通のコースで洗ってしまうと、スリッパの型崩れを起こしやすくなります。

型崩れの可能性をできる限り減らすためにも、

「手洗いコース」など洗い物にやさしいコースを選んで洗濯しましょう。

洗濯機によって「ソフトコース」「デリケートコース」など、それぞれの名前がついています。

もし”洗い物にやさしいコース”がない場合は、通常のコースでも洗濯できますが、
型崩れしやすくなるので手洗いした方が無難ですよ。

洗剤選びも大切です。

綿・麻・レーヨン・合成繊維は普通の洗剤、

ウールやシルクはアクロンなどのおしゃれ着用洗剤を選びましょう。

手順4.干す

多少、形が変わっているケースがあるので、形を整えて干しましょう。

ゆがんだまま乾くと、形を戻せなくなる可能性も。

万が一、形が歪んでしまった場合は、トリートメントを使用すると良いです。

30℃のぬるま湯に溶かし、スリッパをつけて優しく形を整えましょう。

なた、直射日光に当てると色が変わる場合があるので、日陰干しがおすすめです。

洗濯後に内部の水分を新聞紙などで吸ってあげると、より早く乾きますよ。

吸水速乾機能を備えた素材で作られたスリッパはこちらの記事などで詳しくまとめられています。

手洗いする方法

手順1.スリッパの細かいゴミを落とす

「洗濯機で洗う方法」でもふれましたが、細かいゴミを取り除くことで汚れが落ちやすくなるので、手洗いする際もやっておきましょう。

手順2.洗浄液につける

バケツや洗面器などに水をためて洗剤を入れ、うすめの洗浄液をつくり、
5~10分程度スリッパをつけましょう。

手洗いの場合でも、素材によっておしゃれ着用洗剤を選びましょう。

水温は35℃くらいだと汚れが落ちやすいですね。

細かい汚れが落ちないなと思ったら、歯ブラシを使っても良いでしょう。

靴を洗うときのように、ゴシゴシとこすることできれいになります。

ただし、こすりすぎるとダメージの原因にもなるので

適度に行い、靴を洗う用のブラシを持っているならそちらを使用してください。

手順3.汚れを押し出すように洗い、すすぐ

型崩れに気をつけながら、押すように洗ってください。

もみ洗いでは、スリッパがゆがむ可能性があります。

ある程度汚れが落ちたら、水を入れ替えながら洗剤が完全に落ちるまですすぎましょう。

すすぎをおろそかにすると洗剤が残り、黄ばむ可能性があるので注意してください。

洗剤の量が多すぎると、逆に汚れが取れにくくなると言われています。

適切な量は、パッケージの裏に書かれているので確認しましょう。

手順4.水気をとって干す

洗い終わったら、やさしく少しだけしぼり、タオルで水気をしっかり拭き取ります。

新聞紙はインクが付く可能性があるので、やめたほうが良いです。

拭き取ったあとは風通しの良い日陰に干しましょう。

スリッパを洗濯する頻度は?

スリッパの洗濯の頻度ですが、
月1回以上が望ましいです。

夏は汗をよくかくので、1~2週間に1回程度 洗濯すると、

より清潔に保てると思います。

定期的に洗濯していても、裏面が黒ずんできて床に汚れがうつる可能性があります。

見るからに床が汚れてきたな、と感じたら、洗うようにしましょう。

まとめ

今回は、スリッパのお手入れについてまとめました。

特に夏は素足で履くことが多く、内部が汚れやすい上に、外の面もすぐ黒くなるので定期的に洗濯してあげたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました