服が脱色してしまう原因とは?衣類の汚れやシミに注意?

クリーニング

服(衣類)の脱色はさまざまな原因で起こります。

いったいなぜ、脱色が発生してしまうのでしょうか?お気に入りの服であれば、できるだけ防ぎたいですよね。

今回は、服(衣類)が脱色してしまう2つの原因をお伝えします。

服が脱色してしまう原因とは?

脱色の原因1:紫外線などの光が衣類の染色(地色)を壊してしまうから。

クローゼットなどにしまっていても、隙間から蛍光灯の光(紫外線)が入り、長時間光の当たった部分だけ脱色や色褪せることがあります。

太陽の光や蛍光灯の紫外線は衣類の染料を壊すため、脱色が起こります。


脱色の原因2:汚れやシミが進行することで衣類の染色(地色)を壊してしまうから。

通常は汗などの場合が多いですが、食べこぼしなどもシミを長いこと放置しておくと脱色が発生することがあります。

脱色すると衣類の染料の一部が壊れて赤くなってしまいます。

服の汚れやシミは時間が経つと変色して、染色(地色)を壊してしまうケースが多いためです。

海外の高級ブランドの服などは、染色(地色)が壊れやすいものが多いため、より脱色が起こりやすくなります。

このような状態を防ぐためにも、着用後になるべく早くクリーニングすることが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました